最新情報 2022年度

お知らせ

7月11日に千葉商科大学付属高校で生徒たちが異文化交流の楽しさを経験し、海外への関心をもつことを目的に高大連携の一環として異文化交流イベント「日本と海外の伝承遊び」を開催しました。

今回のイベントは、付属高校の多目的メディア室で行われました。本学在籍の留学生からなる「留学生会」のメンバー9名と付属高校3年生15名が参加し、日本の「だるま落とし」「福笑い」「トントン紙相撲」、日本のすごろくに似た韓国の「ユンノリ」や石を6つ使って得点を競うベトナム「石拾い」といった伝承遊びで交流をしました。

異文化交流
異文化交流

学生コメント

  • はじめて日本の高校に行きました。私たちを熱く歓迎してくれました。高校生の皆さんと日本の伝承遊びの体験とベトナム人の留学生たちがベトナムの伝承遊びを紹介するチャンスもありました。本当に最高の経験でした。これからもチャンスがあれば、是非参加させていただきたいと思います。
  • 高校生のみなさんが温かいおもてなしで迎えてくれて、嬉しかったです。ベトナムの石拾いの遊びが難しいようでしたが、高校生の皆さんが頑張って挑戦してくれて本当に嬉しかったです。素晴らしい体験となりました。
  • 今回が2回目の訪問でしたが、訪問するたびに暖かく歓迎してくださって、いつも感謝の気持ちを持っています。付属高校の生徒たちも積極的にプログラムの企画に参加してくれて、 大学と付属高校の交流とつながりがしっかりしていて深い印象を受けました。 これからもこのような交流がたくさん行われることを願います。