日本学生支援機構

日本学生支援機構は、国の育英奨学事業を行っている機関です。人物・学業共に優れた学生で、経済的理由により修学が困難な者に対し、奨学金を「貸与」または「給付」します。貸与奨学金は、自分の責任で自分で返還することを考えて月額を選択し、自立した学生生活を送りましょう。
※在学中に変更になる場合があります。

日本学生支援機構

奨学金の種類及び月額等(H30年度参考)

  1. 貸与第一種(無利息)

    自宅通学…2万円、3万円、4万円、5万4千円から選択
    自宅外通学…2万円、3万円、4万円、5万円、6万4千円から選択

  2. 貸与第二種(有利息)

    2万円から12万円のうち、1万円単位で選択
    ※在学中は無利子とします。また、卒業後の返還利率は、年利3%を上限とします。

  3. 給付型奨学金(高校時予約のみ)

    自宅通学…3万円
    自宅外通学…4万円
    ※具体的な基準は、日本学生支援機構から提示するガイドラインを踏まえて各高等学校等が定めます。

  4. 緊急(第一種)・応急(第二種)採用<随時>

    主たる家計支持者の失職、病気等による家計の急変又は火災・風水害等で被害を受けたことにより、奨学金が必要となった場合は、速やかに学生・地域連携課に申し出てください。

募集の時期

奨学生の募集は、年1回、4月に行われます。奨学金の貸与・給付を希望している者は、予約・在学採用者共に、4月に実施される説明会に必ず出席してください。なお、説明会の日程は入学当初に配布する資料及び、告示をもって通知します。

貸与・給付期間

貸与・給付始期の年月から卒業までの最短修業年限の終期までです。但し、毎年12月~1月に継続手続きが必要です。判定基準は、主に成績と家計になります。

在学猶予願の提出

高校在学中に日本学生支援機構の貸与を受けていた者は、「在学届」(学生・地域連携課にありますので、申し出てください)を指定の期日までに学生・地域連携課へ提出してください。なお、奨学生採用候補者は、「進学届」に以前貸与を受けた奨学生番号を入力することで、大学在学中は返還猶予の扱いになります。
大学在学中で貸与終了(辞退・廃止を含む)後も引き続き在学する学生は、在学猶予願の提出をすることで、在学中の返還期限を猶予する(返還を先に延ばす)ことができます。返還指導の際に、学生・地域連携課にて説明を行います。
以上未提出者は、大学在学中の返還猶予の扱いにはならないので注意してください。