ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

所定の期間以上在籍し、本コースの教育の理念に基づき設定された科目を受講し、優れた教養と深い専門的知見を備えたうえで所定の単位を修得することに加え、研究成果の中間発表を行い、修士論文または特定課題の審査及び最終試験に合格した者に「修士(経済学)」を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

経済学領域における研究者及び高度専門職業人を育成するため、主として経済を探求し得る経済理論・経済史・経済政策等を体系的に学びます。これにより、専門的かつ総合的に研究し、関連領域の知識も効果的に修得します。現実の経済を広い視野から考察し、知を創出できる人材を育成することを教育目標に、次のような教育課程を編成しています。

  1. 修士論文または特定課題の作成に直接関わる授業科目(専修科目)と自らの進路と研究テーマに適した他分野の授業科目を選択します。
  2. 履修者が選択した専門分野(経済理論、経済史、経済政策、経済学関係法)における基礎的及びトップレベルの著作や論文を読み、深い学識を得ます。指導教員は履修者の自主性を尊重しつつも、研究分野を深く探求し、社会の多様化及び国際化等の実社会の動きに即応できるように指導します。
  3. 具体的・歴史的課題を踏まえつつ修士論文を作成する、あるいは特定課題に取り組むことを行います。そのために中間発表を2年次に1回、教員参加の下で行い、多角的・複眼的な視点からの助言に力を注いでいます。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

商学研究科アドミッション・ポリシー