政策情報学コース

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

所定の期間以上在籍し、本コースの教育の理念に基づき設定された科目を受講し、優れた教養と深い専門的知見を備えたうえで所定の単位を修得することに加え、研究成果の中間発表及び最終発表を行い、修士論文の審査及び最終試験に合格した者に「修士(政策情報学)」を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

政策情報学領域における研究者及び高度専門職業人を育成するため、主として2つのコンピタンス(高度専門能力:ポリシー・コンピタンス、コミュニケーション・コンピタンス)を進化・発展することを教育目標とします。この教育目標を実現するために、次のような教育課程を編成しています。

  1. 異なる人物・組織・機関との効率的な伝達と調整能力、そして社会の動向にあわせた能力の習得を支援するための体制を確立し、今日の複雑で多元的な諸問題に対処するため、問題設定、戦略立案、実行、評価等により、専門的閉塞型の個別科学を越えた超領域あるいは諸科学横断的な「知と方法」の開発及び創造能力を育成します。
  2. コミュニケーション・コンピタンス系の配当科目から、政策情報学のための方法論等を修得します。また、ポリシー・コンピタンス系の4つのクラスター(行政、環境、事業、文化)の中から、選択し、自らの将来の進路と研究テーマに適した科目を中心に学習します。この2つのコンピタンス関連の諸科目は、教員と履修者との双方向のコミュニケーションで進められ、2つの領域を結びつける共通科目として実践的な「プロジェクト」及び「演習」を配置しています。
  3. 具体的な現代的ニーズを踏まえつつ修士論文を作成します。そのために、中間発表を2年次に1回、そして最終発表を修了試験前に1回、教員参加の下で行い、多角的・複眼的な視点からの助言に力を注いでいます。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

商学研究科アドミッション・ポリシー