アクティブ・ラーニング

アクティブ・ラーニングとは、主体的・対話的で深い学びを実践するための学習方法のことを言います。このような学びを通じて、社会で役立つ「コミュニケーション力」や「問題発見・解決力」などを修得することができます。このコミュニケーション力とは、「情報を正しく収集し、自分の考えをわかりやすく正確に相手に伝えることのできる力」を指します。これらの力は実学の基礎となるほか、卒業した後も社会人として必要な力となることは間違いありません。
商経学部では企業や地域と連携し、正課授業外に実社会で起きているリアルなビジネスを学ぶ場としてアクティブ・ラーニングを取り入れたさまざまな産学連携プロジェクトを実施しています。

担当教員

産学連携プロジェクトは産学連携委員会の教員が中心となって企画、運営を行っています。

産学連携委員会メンバー

  • 根岸 亮平 専任講師(委員長)
  • 松崎 朱芳 准教授
  • 伊藤 泰生 専任講師
  • 大平 進 専任講師
  • 小川 亮 専任講師
  • 西井 真祐子 専任講師
  • 森 浩気 専任講師

関連リンク