3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

本研究科では、人間社会の諸活動において、モノ、カネ、サービス、情報を流通させるために、多様な関係者の間を協議してすり合わせるという「商う(あきなう)」の本来の意味に立ち返り、商学・経営学・会計学に経済学と政策情報学を統合させることで、商学の新たな創造を目指す「商(あきない)学」を探究する研究者及び高度職業人を養成することを目的としています。履修上のコースとして、商学コース、経済学コース、政策情報学コースを設定したうえで、次の諸手続きを経た者に、コース毎に対応する学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

千葉商科大学では、建学の理念である高い理想のもとに現実の天職を完うする人物、総合的視点から個別科学をみることのできる人物、すなわち「治道家」を育成することを目指しています。本研究科においても、この理念を受け継ぎ、実学を通して新しい社会を拓く人材を育成します。履修上のコース毎に、主となる教育課程を編成しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

本研究科では、従来の「商学」という概念を超え、商学、経営学、会計学の研究に加え、経済学及び政策情報学を統合した、商学の新たな創造を目指す「商(あきない)学」をベースとして探究する研究者及び高度専門職業人を養成することを目的としています。そうした目的を達成するには、以下の通りのふさわしい明確な意思をもった学生を受入れます。

  • 知的好奇心に富み、豊かな創造力を持ち自由な発想で研究を進められる者
  • 商学、経営学、会計学、経済学、政策学、情報学、メディアにおける基礎能力を持ち、それらを応用、発展できる者
  • 高度な専門知識を修得、活用し、社会の課題に果敢にチャレンジする強い意志を持つ者
  • 知識や専門性を活かし、地域社会との交流を通して、経済界、産業界、地域社会に十分に貢献したいと思う者
  • 実社会での技能向上や公務員及び税理士、会計士、中小企業診断士等の高度専門職業人を目指す者
  • 論文を執筆するに十分な日本語能力を有する者

コースの3つのポリシー

商学コース 経済学コース 政策情報学コース