独自プログラム

ラーニングパス

ラーニングパス

ラーニングパスとは、4年間の学びの道筋のことです。
サービス創造学部では1年次から4年次までの学修について、定期的に学生と指導教員が相談しながら設計する「ラーニングパス(LP)」制度を導入しています。
将来の目標や目的にふさわしい学修ができるよう学びの方向性を相談でき、早い段階から将来の夢を意識して科目履修することで有意義な大学生活が送れます。

フィットネスサービス論

「フィットネスサービス論」は、コモンベーシックス科目群リベラルアーツ科目の選択科目です。サービス創造学部では、公式サポーター企業の一つであるセントラルスポーツ株式会社と連携し、フィットネスクラブの施設・プログラムを利用した体育授業を行います。

就職担当顧問

就職担当顧問が学生一人ひとりと個別カウンセリングを行い、学生の適性に合わせた就職活動をサポートします。面談を通じて、各種企業の情報を提供するほか、採用試験対策のアドバイスもしています。

学部キャリア支援

学部の教員が、学生の就活を独自にサポート。学生のモチベーションが保てるよう声がけをし、個別面談や履歴書添削を実施。また、節目ごとに学生とミーティングを行い、最後まで諦めないようフォローしています。

サービス創造フェスティバル

サービス創造フェスティバル

毎年2月に公式サポーター企業・アライアンス企業関係者と学生間及び教職員との接点を創出することを目的とした「サービス創造フェスティバル」をサービス創造学部主催で開催しています。当日はプロジェクトやゼミナール等のポスターセッションや企業の方をお招きした講演会及び懇親会も行っています。

サービス創造大賞

一般課題部門

サービス創造の重要性を広く社会に認識してもらうことを目的に2008年から全国の高校生と大学生を対象に「あったらいいな、こんなサービス」をテーマにアイデアコンテストを行っています。これまで全国各地から2万件以上のアイデアが集まり「新しさがあるか」「独創性があるか」「実現できそうか」「わかりやすいか」「社会に役立つか」という視点で総合的に評価し、大賞他入選者には、各種奨学金や商品を贈呈しています。

企業課題部門

「新たなアイデアを発想し、実現する」を挑戦する場として、2019年から全学部生を対象に、企業・業界が抱える課題を解決するための新サービスを提案する取組を行っています。2019年度はSDGs17の開発目標とサービス創造学部公式サポーター企業の中で、新サービス・新事業の提案に取り組みました。