齊藤紀子ゼミナール(ボランティアやビジネスによる社会的課題の解決)

社会を良くする方法を一緒に考えよう。

研究テーマ紹介

いま、社会には環境問題、格差・貧困問題、少子高齢化、地域コミュニティの衰退等、従来の行政/市場だけでは対応しきれない社会的課題が山積しています。そしてさまざまな主体がボランティアやビジネスなどの活動を通して課題解決に取り組んでいます。
本ゼミでは、さまざまな社会的課題の現状を知り、それらを解決するためにどのような取り組みがあるのかを調べ、自分はどのように取り組んでいくか考え、具体的アクションを起こしていくことを大切にしています。

活動紹介

<大学の中での学び>
文献を読んでレジュメにまとめ報告する、ひとつの問いについてみんなで議論して答えを導き出す、といった学びを通して「読む」「書く」「考える」「議論する」ためのスキルを身に着けます。

  1. 例)USRプロジェクト
    大学の社会的責任(University Social Responsibility:USR)とは何か、SDGs(Sustainable Development Goals)のうち本学がとくに貢献できるのはどれか、誰にどのように配慮すればよいのかなどの問いを立て、他学部のゼミと合同で調査・発表を行ってきました。

<大学の外での学び>
社会的課題の解決をめざして活動している実際の取り組みを見る・体験する、企業・NPO・行政・地域の方々と一緒にプロジェクトに取り組む、という活動を通して「自分なりの取り組み方」を検討し実行します。

  1. 例)ブルーベリープロジェクト
    ブルーベリー観光農園「エザワフルーツランド」および木更津市産業・創業支援センターなどとの協働のもと、地域活性化を目的として、商品開発・販路開拓・広報活動に参画してきました。画期的な栽培方法やブルーベリー生果の魅力を伝えるにはどうしたら良いか、学生自身が考え工夫をこらして取り組んでいます。
齊藤ゼミ
齊藤ゼミ

学生の声

加藤 諒さん
齊藤ゼミでは、社会問題の解決をビジネスによって行うソーシャルビジネスについて学んでいます。資料や論文を読む座学で学んだことを生かし、実際に社会問題の解決をゼミ生全員で企画・運営していきます。現在、木更津市で栽培されたブルーベリーを使った過疎化の問題を解決する「木更津市ブルーベリープロジェクト」と他学部のゼミと協力して研究している「USR(大学の社会的責任)研究」をメインに活動しています。学びの中で、ゼミ生自らが問題解決のためにどうすればいいのかを考え行動していくことができるため、多くの経験を得られます。また、ゼミ活動を通して同ゼミの他学年との交流もあるため、ゼミ全体が楽しく学んでいけます!

代田 千英さん
私は齊藤ゼミで、学術的・実学的学びの両方を得ることができました。このゼミでは、ゼミ合宿や地域プロジェクト(真間あんどん祭り、木更津ブルーベリープロジェクトなど)に取り組んでいます。私は、2019年度の「真間あんどん祭り」にて学生統括として活動させていただきました。和田ゼミ・齊藤ゼミの運営メンバーに加え、1・2年生の学生有志を合わせて約170人の学生スタッフをまとめ、地域の商店街や市役所などの方々と協働して運営を行いました。これらの活動を通して社会人基礎力(「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」)を身に付けることができたと感じています。活動の意義の認知、過程や結果の考察なども怠らずに行い、自分の成果として誇れるものになりました。今後の社会人生活にも生かせるような経験と学びを得ることができました。

尾故島 健太郎さん
齊藤ゼミでは、コロナ禍でも臨機応変にしっかりと活動をしてきました。私がプロジェクトリーダーを務めるブルーベリー酢プロジェクトは、産業衰退、人口減少が進む木更津市内陸部の活性化を目指したプロジェクトです。販売イベントなどができなくり、リモート会議などを活用し学生が中心となり4つのチームに分かれて、サイトのデザインやレイアウトなどを考え、オンラインサイト「BASE」にて販売開始をすることが出来ました。これまでは木更津市と市川市内の限られた場所での販売でしたが、遠い地域の方にも気軽に買ってもらえるひとつのきっかけとなりました。いつイベントなど出来るか分からない状況ですが、その中、齊藤ゼミでは工夫し地域活性化の活動に関わってきました。地域活性化に興味ある方齊藤ゼミで一緒に学べることを楽しみにしております。

担当教員