コミュニティカフェ・プロジェクト

いま求められているカフェの新しいサービスは…

テーマ紹介

コミュニティカフェ・プロジェクトは、学生たちがキャンパス内で学生、教職員や近隣住民の人たちが気軽に集まりコミュニケーションがとれる場となる「学生カフェ」を開店・運営します。その実践活動を通じて、コンセプトの設定、スケジュールの策定、提供商品の開発、仕入れ、販売、広報活動や予実管理など全ての行程を学生主体で進めます。また、当プロジェクト活動では、SDGs(持続可能な開発目標)の達成を意識し、12番目の達成目標「つくる責任 つかう責任(エシカル消費)」の啓発活動にも注力し、「人、自然、未来にやさしいコミュニティカフェ 」をテーマの一つにしています。

活動紹介

半期毎にキャンパス内外で期間限定の「学生カフェ」をオープンします。企画のテーマやコンセプトは全体会議で討議し、その後、個人及びグループで学外に飛び出し、いま流行りのカフェやレストランに訪問。見たことや感じたことを全員がレポートに纏めて講義内でプレゼンテーションを行います。それらをベースに意見交換を行い、次回のイベントの学生カフェの全体イメージ、店内レイアウト、提供するドリンクやフードなどを決めていきます。また、企業との連携を積極的に進め、アドバイスや製品提供などをいただきます。
また、オープンキャンパスのサービス創造学部のブースでは来場する高校生に向けたカフェを設営し、フェアトレードコーヒーやオーガニックジュースを提供します。心を込めたやさしいサービスを行います。

コミュニティカフェ・プロジェクト
コミュニティカフェ・プロジェクト

学生の声

サービス創造学科 加藤 綾恵
コミュニティカフェ・プロジェクトは、「学生カフェ」の企画の立案から運営を学生主体で行うプロジェクトです。活動の中で何度も困難なことに直面しますが、仲間と協力して乗り越える度に大きな自信に変わります。また、企画イベント内でセミナーの開催や、提供するドリンクやフードにフェアトレード商品を使用することで「SDGs」や「エシカル消費」の啓発活動も行います。プロジェクト活動を通して、コミュニティの場や新しいサービスの提供を行いながらカフェの経営を学び、私たち自ら持続可能な社会を目指すという魅力あるプロジェクトです。

サービス創造学科 木下快人
私たちは、学生カフェを通じてコミュニティの場を学内外の皆さんに提供しています。大学の講義で学ぶ経営学やマーケティングなどをプロジェクト活動で応用実践し、社会に出る前にさまざまな経験を積んでいます。公式サポーター企業の人たちと関わる機会も多く、視野が広がると共に専門知識も蓄えプロジェクト活動ならではの学びになっています。学生時代このような経験ができとても幸せです。今後もお客様に喜んでいただける新しいサービスを創造し、心安らぐコミュニティの場を提供しながら学び続けたいと思います。

教員の声

学生に学んでほしいこと
生きていく上で最も大切なことは「信用信頼」。仲間を大切にする、仲間を裏切らない。失敗を恐れず常にチャレンジ精神で前に進む。また、私たちが生活するこの地球上には、貧困、差別、環境問題、戦争などさまざまな問題や課題がある。それらを解決するためにその問題や課題をよく認識し、SDGs(持続可能な開発目標)達成のための行動に移し、みんながしあわせに暮らせるようにする。

学生に期待すること
大学卒業後、企業の特命プロジェクトの一員として選ばれる人材になる。また、プロジェクトリーダーとしてメンバーを取り纏め、期待される以上の成果を期限内に達成できる知識、行動力、人脈を身に付ける。世界の人々が安心して平和に暮らせるように「誰一人取り残さない」世界の実現を目指す。

担当教員