コミュニティカフェ・プロジェクト

いま求められているカフェの新しいサービスは…

テーマ紹介

コミュニティカフェ・プロジェクトは、学生たちがキャンパス内で学生、教職員や近隣住民の人たちが気軽に集まりコミュニケーションがとれる場となる「学生カフェ」を開店・運営します。その実践活動を通じて、コンセプトの設定、スケジュールの策定、提供商品の開発、仕入れ、広報活動や予実管理など行程全てを学生主体で進めます。また、当プロジェクト活動では、SDGsの達成を意識し、12番目の達成目標「エシカル消費(つくる責任 つかう責任)」の啓蒙活動にも注力し、「人、自然、未来にやさしいコミュニティカフェ 」をテーマの一つにしています。

活動紹介

半期毎にキャンパス内で期間限定の「学生カフェ」をオープンします。企画のテーマやコンセプトは全体会議で討議し、その後、個人及びグループで学外に飛び出し、いま流行りのカフェなどに訪問。レポートにまとめて講義で全員がプレゼンテーションを行います。それらベースに意見交換を行い、カフェの全体イメージ、店内レイアウト、提供するドリンクやフードなどを決めていきます。また、企業との連携を積極的に進め、アドバイスや製品提供などをいただきます。  また、オープンキャンパスのサービス創造学部ブースで来場する高校生などの来場者向けにカフェを設営し、フェアトレードコーヒーやオーガニックジュースなど提供します。心を込めたやさしいサービスを行います。

コミュニティカフェ・プロジェクト
コミュニティカフェ・プロジェクト

学生の声

サービス創造学科 鷲尾 明李
今までのコミュニティカフェ・プロジェクトはカフェの部分に力を入れていたので、商品の販売やプロジェクト自体の認知度アップには繋がりましたが、肝心のコミュニティの部分が弱く、イートインを利用するお客様も少ないのが現状でした。そのため、今年度春学期開店の学生カフェでは体験系の企画コーナーを設けることでコミュニティを通して更なる集客向上を目指していきたいと考えています。

教員の声

学生に学んでほしいこと
生きていく上で最も大切なことは「信用信頼」。仲間を大切にする、仲間を裏切らない。失敗を恐れず常にチャレンジ精神で前に進む。

学生に期待すること
大学卒業後、企業での特命プロジェクトの一員として選ばれる人材に。また、プロジェクトリーダーとしてメンバーを取り纏め、期待される以上の成果を期限内に達成できる知識、行動力、人脈を身に付ける。

担当教員