リラックスサービス・プロジェクト

心身共にリラックス! 新しいタイプのサービス創造プロジェクト

テーマ紹介

リラックスサービス・プロジェクトは、2018年度からスタートしました。「いまいちばん興味のあることは」と学生たちにアンケートをとった結果、トップは「眠り」という回答でした。キャンパス内を元気にかけまわる学生たちですが実は少し疲れているのですね。講義、プロジェクト、ゼミ、サークル、部活、アルバイト、それに友達との付き合いなど朝から晩までフル回転です。身体を休める時間がありません。そこで、当プロジェクトは、学生たち自身がストレス解消、心身共にリラックスが出来るイベントや空間提供を考え行います。学生自身がプロジェクト実践を通じて経営の仕組みや手法を学び、SDGsを意識した、いま若者自身が求めている新しいサービスを創造します。

活動紹介

春学期はプロジェクト活動の基礎を座学で学びながら、既に企業や他大学、公共施設等で開設されているリラクゼーションスペースやサービスの調査を行います。同時に本学キャンパス内などを視察し、リラクゼーションスペースやサービスを提供出来る場所の検討を行います。また、7月にはキャンパス内のメインストリート脇にある静かな木陰の芝生スペースにハンモックを数台設置し、リラックススペースの提供を行います。秋学期は実際に本格実践活動に入ります。SDGsを意識した学生の心身休まるリラックゼーションスペースとサービスの提供を行います。

リラックスサービスプロジェクト
リラックスサービスプロジェクト

学生の声

サービス創造学科 渡辺 裕也
リラックスサービス・プロジェクトでは学生・教職員が「真に求めているサービスとは何か」ということを探求していきます。また、SDGsの考え方を取り入れることで「リラックスサービス」の新しい可能性を探り、お客様の満足度の向上を目指します。今まで学んできた経営学やマーケティングなどの学問を実践から身につけることのできる貴重な機会のため、重要な講義だと感じています。

サービス創造学科 保科 友紀
プロジェクト活動は今まで学んだことを自分自身で実践してみて、自分なりの答えや学びを見つけられる講義です。その中でも新しく、自由度の高いプロジェクトがリラックスサービス・プロジェクトです。SDGsとリラックスサービスを掛け合わせることでこれまでにない新たなサービス創造をして提供できる人材が育ちます。また、社会でもいち早く活躍できる人材が生まれる場でもあります。

教員の声

学生に学んでほしいこと
生きていく上で最も大切なことは「信用信頼」。仲間を大切にする、仲間を裏切らない。失敗を恐れず常にチャレンジ精神で前に進む。また、私たちが生活するこの地球上には、貧困、差別、環境問題、戦争など様々な問題や課題がある。それらを解決するためにその問題や課題をよく認識し、SDGs(持続可能な開発目標)達成のための行動に移し、みんながしあわせに暮せるようにする。

学生に期待すること
大学卒業後、企業の特命プロジェクトの一員として選ばれる人材になる。また、プロジェクトリーダーとしてメンバーを取り纏め、期待される以上の成果を期限内に達成できる知識、行動力、人脈を身に付ける。世界の人々が安心して平和に暮らせるように「誰一人取り残さない」世界の実現を目指す。

担当教員