川﨑知己ゼミナール(学校心理学研究)

来たれ教員志望者!学校心理学から諸課題を切り込む視点を身に付けよう

研究テーマ紹介

学校教育の場では、学習困難、いじめ、不登校、非行、発達障害などの問題に関して、子どもが苦戦しています。このゼミでは、卒業後、教員になることを大前提にして、学習支援、生徒指導・教育相談、進路指導、特別支援教育などの視点から、子どもを理解し、適切な援助の在り方等について探る研究を進めていきます。研究は、心理学の研究手法(質的研究、量的研究両方)を身に付けて、個々の学生の課題意識のあるテーマを追究していきます。あわせて、実際に教員になったとき、子どもや保護者への適切な支援者となるために、カウンセリング手法(初級レベル)を身に付ける段階的なトレーニングも行っています。

活動紹介

まずは体験し、課題意識をもって、研究に臨むことを大切にしています。写真は、研究方法を学ぶ一環で、どのような実験をすれば、味覚の何を明らかにできるのかというテーマでのゼミの様子です。また、学校心理学に立脚した卒業論文の取り組みにむけては、まずは、子どもに対する課題意識が必要です。学生には、授業外で、子どもと関わる何らかの活動をしていることを必須としています。また、カウンセリングの在り方を学ぶ演習では、今までとは異なる人へのアプローチの在り方を体験的に身に付けるために、厳しいトレーニングを年間通して、計画的に積んでいきます。

川﨑ゼミ
川﨑ゼミ

学生の声

商学科 鈴木 絢子
川崎ゼミは、商業科教員を目指す学生だけでなく、情報科、英語科の教員、大学を卒業後、大学院等に進学し、さらに他の教科の教員免許取得を目指す人もいます。ゼミでは、どのような行動がどのように相手に影響を与えるか、どのような時にどのように感情が動くのかなど、メンバー同士で実際にやって体験する、実践的な学習を多くします。先生をはじめとする、ゼミのメンバーが優しいので発言がしやすく、出た意見を全員が尊重してくれるので、とても学びやすい環境ができています。ゼミのメンバーは大学でも体育会(運動部)に所属する学生が多く、勉強も部活も一生懸命取り組んでおり、ゼミ内でも授業で分からなかった部分を教えあったり情報共有をしたり、仲の良いゼミです。先生も含め、メンバーの仲が良く、楽しくわきあいあいと学習できることがこのゼミの魅力です。