森浩気ゼミナール(組織のマネジメント、管理会計、経営管理、マネジメント・コントロール)

「木を見て森も見る」全体最適のマネジメント能力を培う

研究テーマ紹介

ヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源を有効に活用し、組織のパフォーマンスを引き出すマネジメントについて研究します。近年、企業の会計不正や品質不正が多く起こっています。なぜ優秀な人が働く大企業で、不正が行われてしまうのか。それは、短期的な利益の過度な追求、価格低減と納期厳守に拘泥して生じた品質の軽視など、組織が「部分最適」に走ってしまったのが一因です。企業をはじめとしたあらゆる組織において、経営資源を有効活用する管理会計の視点から、木を見て森も見る「全体最適」のマネジメントをいかに実現していくか、というのがゼミの研究テーマです。

活動紹介

三段階での学習と、ゼミ生の主体的な取り組みによるディスカッションを重視しています。まず2年生では、基礎的な経営分析の手法や論理的思考について学び、企業や組織の「見方」を培います。つぎに3年生では、組織のマネジメントやその成果であるパフォーマンスについて、具体的なテーマを設定し、グループ研究での仮説構築、検証を行います。最後に4年生では、集大成として自ら興味のあるテーマについて卒業論文を執筆します。ゼミは学生のプレゼンテーションと、それに対するディスカッションによって進行し、通常の授業のように教員が講義をすることは基本的にありません。