根岸亮平ゼミナール(財務報告の研究)

数字が分かれば、会社が分かる。数字が変われば、会社が変わる。

研究テーマ紹介

簿記・会計は、企業活動を適切に伝えるために、ビジネスに必要不可欠な仕組みです。そして、公認会計士・税理士・経理に限らず、営業、資金調達、製造、投資、経営に携わる社会人にとって必要なスキルでもあります。現在では、簿記・会計の役割はさらに広がり、財務諸表を中心とした会計情報を利害関係者に伝達することを、財務報告と呼んでいます。根岸ゼミでは、この財務報告について取り扱います。具体的には、企業の財務諸表を読み解くことにより、「なぜこの会社は倒産してしまったのか」、「この会社はどのように会計不正をおこなったのか」、「この会社はこれからどのように経営を行っていくべきか」などについて研究を行っています。

活動紹介

2年次は、会計学の基礎理論を学びます。具体的には、ゼミ生が会計学の基礎理論に関する報告を行い、全体でディスカッションを行っていきます。それにより、レポートの書き方、プレゼンテーションの方法など、ゼミで研究を行うために必要なスキルを習得していきます。
3年次は、財務諸表の分析方法を学習し、それぞれのゼミ生が気になる企業についての財務諸表分析の報告を行います。また、日本経済新聞社主催の「日経STOCKリーグ」に参加します。「会計の観点から、どのような会社に投資すべきか」という課題に、グループごとに取り組んでもらいます。
4年次は、学生生活の最後の成果として、各自の研究テーマを卒業論文としてまとめていきます。